ご挨拶

この度の平成26年度「愛知県精神・発達障害者雇用促進プロジェクト」では、多大なご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

このサイトは、県内の精神・発達障がい者の雇用事例を紹介するため、プロジェクトの一環として制作したものです。
障がい者雇用に積極的に取り組む事業所の事例を「先進的事例」として5例、当プロジェクトにご参加いただき就職に結びついた事例を「就職事例」として8例、併せて13の事例を掲載しております。
先進的事例では採用の経緯から職場定着までを、就職事例では当事者からのメッセージとして就職までの道のりを紹介しています。

当プロジェクトでは、精神・発達障がい者の方を対象に5日間のセミナーを県内各地で実施してきました。このセミナーでは、一人ひとりが「できること」、「できないこと」を明確化し、「就労支援ブック」にまとめ、就職を目指してきました。

また、セミナーの最終日には企業向けセミナーも併せて開催し、先進的雇用事例や就労支援機関の紹介のほか、障がい特性についての理解を深めていただくため、セミナーに参加している障がい者との意見交換の場も設けてきました。その結果、多くの方の就職に結びつきました。

平成30年には精神障がい者の雇用が義務化されることから、精神・発達障がい者の方々の雇用を推進することは、喫緊の課題となっています。
本事例集が、障がい者雇用の経験がない企業のみならず、今後更に雇用の検討をされている企業にもご活用いただき、精神・発達障がい者を始めとする障がい者の雇用促進の一助となれば幸いです。

最後に当プロジェクトにご参加頂いた皆様、ご協力頂いた支援機関の皆様に、深く感謝申し上げます。

愛知県産業労働部労政局就業促進課